スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- | | スポンサー広告

ウォリがいない時

味方のウォリの数が圧倒的に劣ってる状況での対応法


机上の空論と言われても仕方ないことですが、以前にそういった質問を受けたことがあるので、その自分なりの答えというのを書いてみます。





.




まず、ウォリとして嫌なパターンというのを列挙。

・相手のバッシュ持ちが最前線に立ちはだかって、うかつに敵陣に飛び込めない状態。
・最前線での凍りや鈍足被弾
・レイス・ヴォイドによる闇
・アムブレ(パワブレ)

この中で一番目に挙げたバッシュ絡みは、条件から外れる為に除外しておきます。


とりあえずこの3つの中から2つの条件が重なると、ウォリとして何も出来なくなる。

この効果を入れ続けるのは難しい。
さらには、この効果を入れ続けた上で、倒すだけのダメージを与えなければならない。

相手が少数ならばこの方法で行けるだろうが、ウォリが複数いるとなれば対応は難しい。
また、相手後衛の存在もある。


攻撃は最大の防御と言う言葉がハマるウォリに、アムブレで攻撃も防御もさせない。
アムブレを貰うと何も出来ないウォリは下がらざるを得ない。そこへ鈍足・凍結で後退を防ぐ。
総DMG量の多いファイアランス・火矢・各種毒で削り、一発の威力があるパニ・ヘルでトドメを刺す。

また、余剰な敵ウォリは凍結させて孤立させておく。


机上の空論と言えるかも知れないが、当方が思う味方ウォリに頼らない前線作りってのは以上が答え。



とりあえず、孤立させることが第一ではないでしょうか?


テーマ:ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン - ジャンル:オンラインゲーム

2006.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | FantsyEarth

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。