スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- | | スポンサー広告

前に出る弓?

味方のありがたい弓とは?
という質問に対し、「前に出る弓」という答えが良く挙げられる。

その答えを出す心理と、「前に出る弓」という役割について考察してみる。




.




まずはウォリとしての心理。

ウォリにとって前に出てくる敵サラの存在は実に厄介な存在。
下手に飛び込めば氷を貰うなり、大火傷することが簡単に予想される。
敵陣側で凍ってしまえばバッシュの恐怖があり、ヘルを貰えばDaedに直結もしやすく、生き残っても貴重なPOTの消費は免れない。

他にも、これから前進・攻撃をしに行こうとすると、大抵の場合は敵サラがお迎えしてくれる。
相手に隙があれば、そのまま相手の懐まで飛び込んで一仕事と行くことが出来るが、実際にはそうも行かない。双方の攻撃が届くか届かないという一足一刀の間合いで、機を伺う状態となりやすい。

そこに一石を投じる・機を作る存在として、味方の援護を期待しているのだが、その役割として遠距離攻撃である弓に期待している部分ってのがある(はず)。



サラの心理

容易な前進をしようとする敵ウォリは単なる鴨という存在。
横からの奇襲や、ストスマには多少手こずるが、周囲を見ながら落ち着いて対応すれば何てこともない(はず)。

敵の前に出てくるサラに対しては、ベストなポジションに入り込めれば範囲攻撃の大チャンス。
カレスで一網打尽にすれば、味方にとってのメリットも大きい。

だが、サラの射程外からの攻撃というのが厄介であり、相手が見えていればレインはステップで回避こそ出来るが、反撃手段が無いために、その弾幕を止めさせることが出来ない。

敵ウォリへの対応と、敵前列への攻撃・味方前線の援護に専念したいというのがサラの役どころなのだが、敵弓や敵サラの長距離砲によって、その仕事がやりにくい。
そこで味方の弓に対して、敵長距離砲を止めて欲しいという欲求というのがある。



その両方の欲求を満たす為には、弓は中列、若しくは前列から長距離砲で相手を撃たなければならない。

逆の言い方をすれば、弓は中列・前列から長距離砲を撃つことで、敵中衛・後衛を狙うことが出来る。



例えば、味方ウォリが前線でバッシュを貰ってしまったとする。
そのバッシュに対して敵の前列・中列が反応し、スタン中の味方ウォリを攻撃しようと前に出てくる。

弓スカとしてはピアッシングの見せどころ。



図を用意してみた。

921a.gif


弓スカAの位置の場合では、ピアッシングを発射しても敵ウォリ2名しか飛ばせない。
敵後方にいるサラに対して全く効果が無く、手痛い攻撃を貰い続けてしまう。


そして、弓スカが前目のポジションを取っていた場合。

921b.gif


発射角度にもよる部分が大きいが、この図では敵ウォリ2名と、後列にいる敵サラ3人を飛ばせることになる。

前目のポジションにいることで後列に居るときと比較すると、ピアッシングの発動を潰されやすいというデメリットこそあるが、前目のポジションに居るかどうかで随分と違う結果となる。



ならば、常に前に居ることが必要なのか?
また、それを味方から求められているのか?


前列に居ることで、確かに前列の厚みは増す。
前列に居ることで、敵にとっての攻撃対象が増えることになり、各個への被タゲ負担が分散される。

確かに、前に居ることによる味方への支援・援護になると言えるだろう。



?以降、個人的な解釈?

だが、弓はご存知の通り、接近戦における防御面が非常に脆い。
敵ウォリ複数による前進・強襲に対して下がるしか他が無いとも言える。単体であったとしても、味方のフォロー無くしては対応しきれるものでもない。
短剣による妨害スキルと使い分けが出来るのであれば、多少は違った物となるが、純弓ではそうもいかない。

pw回転効率を高める為にも、座り回復をするには敵の攻撃が届かないポジションまで下がることも一つの方法としてある。


ポイントとなる場面で効果的な支援が出来る弓であれば、それでいいのではないかと思う。


効果的な支援が出来るのは前目のポジションに居ることが求められるのだが、そのポイントとなる状況を早い時点で察知し、その場面が訪れた際に、そのポジションを取っていることが出来ていれば、それで良し。


?以降、個人的スタイルの話?

常に前に居るのでは被弾が積み重なり、pwPOTの代わりにリジェネを多用することになり、手数が減ってしまう。
座り回復もしにくい状況な為、さらにpw回転効率が下がる。

Aim(狙い・命中率)に優れているのならば、pw回転が減ったとしても高いパフォーマンスを発揮出来るだろうが、残念ながら当方にはそんなAimは無い。

被弾は出来るだけ避け、リジェネ使用を極力減らし、その分HipwPOTを使用。さらには、味方の後方でお座り回復を多用しています。

行動に移る際には・・・中列-後列辺りのポジションが多いみたいです。


そんな当方は、味方が求めている 前に出る弓 という条件には当てはまらないんですよね。





スコア厨による戯言でした。


テーマ:ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン - ジャンル:オンラインゲーム

2006.09.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | FantsyEarth

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。