スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- | | スポンサー広告

温床

FF11を始めてから1週間程が経過した。
そして色々な点が見え始めても来ている。

今回の記事はゲームの内容とは逸れる内容になる。
FF11のようなオンラインゲームとは切っても切り離せない存在の事である。




.




FF11ではゲーム内で経済が成立している。
ゲーム内における金銭に価値があり、ゲーム内のアイテムをその金銭を使ってやりとりする。
その金銭を貯める為にはそれなりの労力を要する。現実社会で金銭を得る為に働くのと同じようなものだ。

各アイテム毎に相場価格というのもある。
入手が困難な貴重なアイテムはそれだけで価値が高く、同時に性能の高いアイテムともなれば一気に価格が跳ね上がる。

欲しいアイテムがあるが、その価格には手が届かない。ゲーム内資金を稼ぐ手間も時間も惜しい。
そういう人の需要を叶えるのがRMT(リアル・マネー・トレード)である。
ゲーム内マネーを、現実社会での金銭でやりとりするという仕組みである。
現実の金銭を支払うことで、ゲーム内マネーを入手する。時間と手間を金で買うということだ。



今回はRMTについて書いてみる。


「FF11」という単語でネット検索をしてみて欲しい。
そしてRMTを取り扱うサイトの多さが目につくだろう。
RMTを取り扱う業者の数が多いということは、それだけ需要があり、実際に取引が行われており、そして儲かる。
そのオンラインゲームの人気の裏返しとも言えよう。

実際に儲かるのかと言えば日本国内を基準にすればそうでもない。何より、時間に対する利益率(時給)が低い。

だが、中国人にとっては違う。
彼らにとっての日本円は非常に価値が高い。
例え時給が安くとも、それを本国へ送金することで多大な利益となる。
単純に日本円は10倍の価値があると言われている。農村部では100倍とも言われる。
ゲーム内マネーを稼ぐ為に必要な資金を差し引いても、十分な利益を得ることが出来るのだ。

日本人がやるとするならば、本格的に環境を整えることとゲーム内マネーを稼ぐことに努力できるならば、実際に生活できるくらいの稼ぎは出せるだろう。
だが、片手間程度に副業としての小遣い稼ぎがいい所だ。
本業にするには、まだオンラインゲーム・RMTという業種の歴史が浅すぎる。十数年後にも続いてる保障は無い。


さて、RMTが成立する理由は上記にもあるように、ゲーム内マネーやアイテムに価値があり、それらの需要があるからこそである。
即ち、ゲーム内マネーやアイテムに価値が無いタイトルではRMTは成立しなくなる。それらへの需要が無いからである。

***
最近多くのタイトルで採用されているアイテム課金というシステム。
これを簡単に言ってしまえば、ゲーム内で価値のあるアイテムを商品として並べている。即ち、ゲームを提供している会社との間でのRMTとも言える。
***

RMTを取り扱う業者が増えるシステムとは、ゲーム内マネーやアイテムに価値があるだけのタイトルでは物足りない。
そのタイトルの人気が高いこと(ユーザー数が多い)も条件としての重要な項目だ。
ゲーム内マネーやアイテムに価値があり、それへの需要があったとしても、その需要の数が無ければ儲けは少なくなる。
需要の数が少ないタイトルでRMTをしていても、注文が無ければ何もならないからだ。

また、初期費用が安く済むタイトルが好ましい。

というのも、RMTを禁止しているタイトルが多い。
その中で規約違反となるRMTをするのだから、アカウント停止くらいは覚悟の上だろう。
しかし、アカウントの登録に費用が掛からないとなれば、アカウントを停止されたところで(業者にとって商品の在庫は分散して保管しておく為)損害は少ない。
関係する全てのアカウントが停止されたならば、RMTをすぐに再開する事は非常に困難となるだろうが、また別のを始めれば良いだけだ。
企業から賠償金を課せられたり、警察に捕まるという事もごくごく稀である。(そこまで発展したケースは過去に指で数える程度しか公表されていない)

運営側にとってみればRMTを規約上では禁止しているものの、その事実を確認し処罰するまでの労力に対するリターンが非常に薄い。
むしろ、大口のユーザーとして歓迎している節もある。


MMORPGではゲーム内マネーやアイテムに価値を持たせなければ、ゲームとしての懐は浅くなる。
まず、ゲーム内マネーやアイテムが簡単に入手できるとなれば、生産というシステムは意味を成さない。そして、ユーザー同士でのアイテムの取引が行われなくなる。
となると、ゲームとしての魅力・面白さは軽減してしまう。

だが、それ以外の部分でユーザーを惹きつける部分が優秀ならば、それだけでゲームとして楽しめるだろう。
例えをいくつか出すとならば、

・戦闘などにおける爽快感や、アクション的な要素
・工夫や応用(カスタマイズ)次第で様々なバリエーションを楽しめる要素
・キャラメイクや着せ替え等のアバター的な要素
・気軽に短時間でも楽しめる要素
・初心者でもすぐに慣れ親しむことが出来る敷居の低さ
・幅の広いプレイ方法も可能なシステムとしての懐の広さ
・新鮮さ、他には無い独特な物

などなど。



RMTの需要の無いタイトルというのは非常に少ない。
むしろ、RMTを運営が取り扱うタイトルが増えている。

RMTを批判するのか、推奨するのかという点については今回は触れないこととする。


個人的には嫌いですけどもね。





去年はほぼ毎日更新をしていましたが、今後は不定期更新とさせて頂きます。


2007.01.10 | | Comments(6) | Trackback(0) | 雑記

コメント

UCGO(´・ω・`)

2007-01-10 水 15:08:24 | URL | Elixir/Aliksir #dvUYBDnY [ 編集]

ちょっと危ない話をすると
「そのゲームの雰囲気」について
気に入ってしまうとハマる傾向があり

そういう人も結構いると思う。

リアルマネーの介在って
それを大きく引き戻しちゃうんですよね。

ただし、現実を忘れるほど
ゲームをやってしまっては
悲惨な結果になってしまいますが(笑

そういう意味でも俺は嫌ですが
FEについては個人的に
そういう雰囲気よりも
リアル世界の空気が濃く感じられたので
今はそこまでそういう意味での抵抗はないですね。

FFはどうなんだろう。
やはり雰囲気大事だと思うんだよなあ。

2007-01-11 木 00:05:10 | URL | Trasque #- [ 編集]

UCGOは確かに独特な物を持ってますけど・・・どーなのさ?w

>Tra
言われてみて大事な部分に気づかされた感じです。
MMORPGの大作と呼べるタイトルというのは、まさにその仮想世界で生活をするという域まで惹きこまれます。
それだけ仮想世界という舞台がしっかり作られているからであり、ハマる原因の一つですね。

そんな作り上げられた仮想世界に現実世界の金銭を呼び込む。
これは仮想世界に対するタブー行為と捉える考え方も出来ます。

FEについては仮想世界での雰囲気を味わう・・・というよりも、RvR/RTSアクションを楽しむと位置づけだと思います。
世界観の設定というよりも、戦争におけるキャラ性能だとかバランスの方が重視されてます。
そういう意味では、カジュアルゲームに近い存在でしょう。

まぁ・・・ファンタジーの世界に羽子板だの杵だのは雰囲気壊れますけどね。

2007-01-11 木 02:36:13 | URL | Ela #- [ 編集]

FFの経験者であるわたしが軽く(´ω`)

EさんもFFをやり始めて解るだろうけどこのゲーム、1人だと途中からほとんどのことができなくなっていきます
そしてお金がないとあるとでは効率。レベル上げもそうだしスキル上げとかも全然変わってくる。
日々時間が無くお金稼ぎの手段も弱く、友人も少ない人。だがこのゲームは楽しくて辞めれない。そんな人とかは割りに手を出しやすいのがRMT。
ギルがあれば人を雇うこともできる。時間のかかるお金稼ぎも飛ばせてどんどん進めていける。
これの代償がRMTを買う人がいるおかげで健全な人のプレイを阻害する。もちろん自分のプレイにも影響していく。
お金を稼ぐのに最も効率のいいことを24時間体制強いてくる業者には通常のプレイヤーは太刀打ちはできません。
そして業者が愛用する武具などはEXREと呼ばれる無料、それも性能のいい装備を使っているのでそれを自分が取得する際にも邪魔されることはある
■eが垢BANしても業者はさらに増殖して完全に絶つことはありません。
そんなレベルまできてしまってるのがこのゲームの現状です。
FEはレベル制もあるけど戦争自体は45分で終わるライトさが魅力だとわたしは感じています。いい武器、アイテムがあれば効率はいいものの無くてもある程度戦えるのでFFより効率求めなくても問題が無いところがいいとわたしは思っている。

邪魔したな(・ω・)

2007-01-11 木 22:30:45 | URL | Kの人 #Xrlp5Oa6 [ 編集]

>K
むしろ歓迎です。

FE"RoD"ではRMTが介入する需要も無かった。
そして、Lv差による性能差はあったのものの、多くのMMORPGに見られる非常に長い時間を掛けるLvingや、一人では何も出来ない・PTプレイが必須と言うことも無い。
1プレイの単位も45分程度で区切れる為、多くのMMORPGでのPTプレイの為に2,3時間の連続プレイを要求されることもなく、従来の物に比べると遥かに自分のペースで楽しむことが出来ていた。

さらにはパッケージ料金のかかる初期費用、月額課金という敷居の高さがあり、それを超える意思を持つ人だけがプレイしていたというのもあり、プレーヤーの平均的なモラルも質も高いものだった。

ところが・・・という部分はさておき、あとは次回の記事へと続きます。

2007-01-12 金 17:52:51 | URL | Ela #- [ 編集]

大航海オンラインちょっとやったけど

RMTだらけで吹いた。
正直やるきなくなって3ヶ月でTHE ENDしました。

いまのFEはね・・・課金が強すぎて俺も離れつつある。(少しははPlayしてるけどね)

で、最近になってなぜかMOEをやり始めている・・・対人あんまりしてないけどね・・・

2007-01-13 土 02:00:21 | URL | MtNishi #SFo5/nok [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。