スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- | | スポンサー広告

雷サラのいいところ・悪いところ。その1

火は威力。
氷は足止め。
じゃあ、雷は?




と聞かれると、何かに特化してるものがある訳ではない。

ただ、スキルによる攻撃がすべて高低差無視という利点があるものの、その反面では指定した場所へのピンポイント攻撃であり、良く言えば自分の位置から指定したポイントへの途中にいる敵・障害物に当たることはない。

即ち、必ず指定したポイントへ攻撃できるということになるが、地面指定のタゲ方式ではデメリットも付き纏う。


この一文だけで賢明な方は気づいたと思うが、まず厄介なのが高低差のあるところ。
FPS(First Person Shooting)システム(*正確にはTPSだが)を採用しており、視界(カメラの向き)は変えられるがカメラ位置は変えられない。
即ち、必ず死角が産み出されるのである。

分かりやすく言えば、障害物が視界を遮るとその向こうの様子が分からない。
自分が崖下に居る時に崖上の地面の様子なぞ見える筈がないのだ。

ターゲットサイトが地面に描かれる為、崖上にあるターゲットサイトは見えないのは当然のこととなる。


517a.gif








517b.gif




これ逆も然り。
自分が崖上に居てもカメラ位置が自分のやや後方にあるために、崖下にあるターゲットサイトを、今度は自分の足元の地面が視界を遮ってしまい、見えなくなる。

どうしても見たいのであれば、崖ギリギリに立つ事が必須となるのだが、崖ギリギリに立つリスクはかなり大きなものがある。

崖下の相手から視認できることとなり、遠距離攻撃ならば攻撃が届くこととなり・・・




もう分かってるよね?




崖下からライトニングボルト一本釣りwwwwwwwwwwww

ってこともある。






正直、釣り師が釣られてはなるまいてwwwwwwwwwwww







話を元に戻して・・・。


また下り斜面にも弱点がある。
・・・・んだけど、これはまた後日に書くことにします。

今日はここまで。



雷サラとしては、この見えない位置をどのようにするかが腕の見せ所でもあり、面白い部分でもある。


まだまだ深くハマれる雷サラ。

一家に一台。あなたも如何ですか?


テーマ:ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン - ジャンル:オンラインゲーム

2006.05.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | FantsyEarth

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。