スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- | | スポンサー広告

勘弁してください Part2

メルファリアでの日常風景を考えてみた。




.




と、ある町の商店街から少し離れた場所。人々が集う緑のある広場。
日差しも柔らかくなり、緩やかな午後の時間を過ごす気にさせる涼しげな風が吹き始める。
次の出撃を待つ兵士達がその広場で談笑している光景は、戦争中であることを忘れさせるようだ。

だが、その会話の内容は、皮肉にも戦争の話題ばかり。

1人のガッシリとした体格の男と、3人の娘達の会話を覗いてみることにしよう。



女A「やっぱり、戦士の男の人ってたくましくてカッコイイよねぇー」
男「え? そ、そうかな?」
女B「うんうん!体張って、ひ弱な私達、魔法使いを守ってくれるんだもの!」
女C「そうよ、敵の野蛮な男をドカーンってやって、ズバアッって!」
女A「私ね、この前ピンチの時に助けてもらっちゃったのー!」
女C「えー! いいないいなー!」
男「そりゃ、味方を助けるのなんて当然だし・・・」
女B「そうよね、すぐ側に頼れる盾持ち様が居れば、脳まで筋肉みたいな野蛮な両手武器の戦士なんてイチコロだもん!」
男「・・・えっ!?」
女A「はぁ・・・あの人にもう一度遭いたいなぁ・・・」
女C「あっ!さては恋してるなぁ?」
女B「あーあ、盾持ちの戦士さんに恋しちゃうなんて・・・。ライバル多いから大変だよー?w」
女A「いいもん。恋するだけなら自由だもんっ」
男「・・・。」
女C「あっ!あの人っ!」

指を刺した先には、たったいま戦争から帰って来た一人の男が居た。
その男は頑丈そうな鎧に身を包み、腰からは片手で扱える剣を下げ、腕にはその象徴とも言える大きな盾を着けていた。
戦争から戻ってきたばかりで、まだ傷が癒えてないらしく、身に着けている鎧等も良く見れば傷だらけだ。
だが、その男の表情は自信に満ち溢れ、泥臭い格好をしているのだが、周囲に爽やかささえ漂わせている。

女A「おかえりなさいっ!」

彼女はその男に聞こえるように大きな声で叫んだと同時に、その男の元へと駆け寄っていく。
だが、その大きな声に気づいた周囲の他の女達も、我先にとその男の元へと走り出した。
中には買い物袋を放り投げて走る者、他の駆け寄る人の服を掴んでは前に行く者、その姿を見て腰を抜かしその場に座り込んでしまう者・・・。
たった一人の男が姿を現しただけで、穏やかな空気に包まれていた広場はパニックと化した。


女A「あ、あのっ!傷の手当てさせて下さいっ!!」
女D「ちょっと!この女に手当てさせたら治るのも治らなくなっちゃうよ!ほら私の家、宿屋やってるからウチで休んでいきなよ!」
女E「ふんっ、宿屋っていっても汚らわしい宿屋なんだろ!この×××め!」
女D「ふ、ふざけないでよ! ね、ねぇ、今日のところはウチで休んでいきなよ。お願いだからさ」
女A「あ・・・ま、まずは手当てをしないと・・・・」
女F「手当てだったら私だって出来ます!」

その男を巻き込みながら、周囲の女達は我先にと乱闘騒ぎ寸前だ。

「き、君達、そんな僕の為に争うなんてやめてくれ!」

とはいうものの、その男の表情は明るい。まんざらでも無さそうだ。









だが、もう一方。
最初から居た男は広場の垣に隠しておいた自分の武器を持ち、何処かへ行ってしまった。

その手には、それは大きな鎚が握られていた。




遠くからその姿を眺めていた魔法使いの男は、その背中に思わず涙したと言う。















潜入を得意とする身軽な男は、広場の草むらにその姿を忍ばせながら、女のスカートの中身に夢中になっていた。


テーマ:ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン - ジャンル:オンラインゲーム

2006.07.13 | | Comments(4) | Trackback(0) | 日記

コメント

両手の俺としては
泣けばいい?
それとも
笑えばいい?

まぁ笑ったけえどww

2006-07-13 木 00:26:44 | URL | Rashiel #Q.zvybpY [ 編集]

俺はどれだろうwww
んでもバッシュ耐性が20秒で短くなって
ブレイズのDOTがあがったからって、
以前のヘルファイアの時代の方が
バッシュからの繋ぎがきつかった気がするんだけど
気のせいなのかなw

2006-07-13 木 09:58:40 | URL | Elixir/Aliksir #dvUYBDnY [ 編集]

>Elixir
ハイドスカ。



今回の描写は色んな意味が含まれてます。

盾持ちは敵ウォリから味方を守る事に優れ、一方の両手は敵陣に飛び込む攻撃に優れる。
味方と連携しやすい自軍内での盾持ちの活躍は目に入りやすく、敵陣で孤立しやすい両手の活躍は目に入りにくい。


今日のスキル調整でどう変化するかはまだ分かりませんけどね。








そしてマイペースなハイドスカ。

2006-07-13 木 12:05:12 | URL | Ela #- [ 編集]

(;゚∀゚)=3ハァハァ

2006-07-13 木 12:15:54 | URL | Elixir/Aliksir #dvUYBDnY [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。