スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--.--.-- | | スポンサー広告

川に攻めるな?

最近ウォーロック型で良く軍チャで流れるのですが、

「川に攻め込むのは不利です。坂で迎撃しましょう」

正直、何言ってんだ? という感じです。
いや、全部を否定する訳ではありませんけどね。




.




最初から坂で防衛って言われるのも違うと思うんですよ。

ずっと坂とかで待っているだけでは、相手の数が多かった時に少なからず被害を出してしまう。
西が大量に攻められた際には中央・東から援軍が向かうけど、その援軍が到着するまでの時間に被害を出し、援軍が到着する前に離脱されるのも十分考えられる。
やっと撃退出来たとしても、今度は薄くなった中央なり東を攻められ、また現地に援軍がつくまでに被害を出してしまう。
ずっと防衛だとどうしても後手に回らざるを得なくなり、終始敵に振り回されてしまうんじゃないかなと。

攻めてくる敵の数を報告することが出来ていれば、援軍到着までの時間を短縮できるだろうけど、敵の数を早い段階で把握するには、オベレーダーがどうしても必要であり、崖向こうからのジャイ砲撃を警戒しなければならないこのMAPではそうもいかない。

重要なのは、どこから敵が攻めてくるのかを把握し、それを迎撃する準備・人数を揃えておくこと。

迎撃する準備とは、敵を効果的に倒せる位置取りをしておくことであり、敵の退路を潰せる場所である。


そして、敵を自分達にとって優位な位置まで誘い込み、それを迎撃すること。




敵にとっての不利な位置とは

自軍にとって不利な位置とは


様々な要因が絡んできますけど、簡単に言うならば




退却するのに必要な距離が遠いところ・挟撃されやすい場所。



自軍側の坂は確かに敵にとって不利な位置です。
ですが、自軍側にとっては優位すぎる位置であり、もう少しリスクを犯せる範囲は十二分にあります。



MAPを用意しておきます。

070301.jpg



とりあえず、1例を出すと。

防衛側にとっての西側というのは、C-D2の登攀ポイントがある為に、さほど不利な場所では無い。
むしろ若干優位というくらいの場所だと思います。

さすがにD1の敵側の坂まで行けば不利です。
というのは、D2の崖上から挟撃される危険性が高いから。

しかしこの坂を突破してしまえば、地形的にはやや有利。(敵の人数が集まりやすいという点では不利です)
というのも、D2-3の崖から離脱出来るからであり、それ即ち退路の確保が出来ているから。

もちろん、無理な突破を推す訳ではありません。

突破できるだけの戦力がなければ、そこに居続ける必要なんてのは皆無であり、無駄に疲弊するだけです。

そこで死んでしまうのは論外。



1.攻められる

2.迎撃に向かう

3.人数が集まってくる

4.相手の人数を上回り、強気になって攻め始める

5.快進撃

6.徐々に疲弊してくる

7.じりじり後退し始める

8.1に戻る

というのが、戦場での一つの顕著なパターン。
*戦場でMAPを見てると、この動きが明確に見えます。

この6と7の時点での被害を抑えることで、1の期間を短くすることが可能であり、状況報告を迅速・的確に行うことで2.3.4と全体のバランスを崩さず、且つ、素早く移行出来る。



この一連の動作を、ウォーロック型MAPに当てはめて考えてみて下さい。



極端な言い方となってしまいますが、冒頭で挙げた

「川に攻め込むのは不利です。坂で迎撃しましょう」

という呼びかけは、4・5の流れを自ら抑制してしまってるのです。



川に攻め込むな。ではなく、


「不利な位置で止まるな。どうせなら、敵を味方の有利な位置まで誘い込んで迎撃しよう。その為にも的確・迅速な状況報告を。」


と、当方は提案します。


テーマ:ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン - ジャンル:オンラインゲーム

2006.07.19 | | Comments(1) | Trackback(0) | FantsyEarth

コメント

なんでも必要なのは緩急を付けることなんだよねー。
押してだめなら引いてみな、ってね。
勢いに乗ってる時って気がつきにくいから
引き際を見極める訓練がー必要だと思うネ。

2006-07-19 水 10:11:19 | URL | Elixir/Aliksir #dvUYBDnY [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。